DHAの血液サラサラ効果

DHAは魚由来の成分で、血液サラサラ・中性脂肪や悪玉コレステロールなどを低下させる効果があります。
赤血球などの血液中成分に柔軟性がなくなり、血液の流れが悪くなると心臓の負担が大きくなり高血圧発症の一つになりますが、DHAには赤血球などの血液成分をやわらかくする効果があり血液をサラサラにしてくれます。

さらに動脈硬化の原因となるコレステロール値の上昇を抑える働きもあります。
DHAは肝臓で中性脂肪が作られるのを抑え、肝臓から血液中に中性脂肪が分泌されるのも抑えてくれるダブルの効果があります。
DHAは熱に弱い成分なので、効率的に摂取するには、マグロ・秋刀魚・鰯・サバ・アシなど脂の多い魚を、お刺身で食べるのがおすすめです。