DHAとEPAは魚に含まれる成分

DHAとEPAは、オメガ3系高度不飽和脂肪酸
という栄養素となります。

両者は、化学的な構造も似ているために、
同じ効果・効能も持っています。

おもな効果としては、心血管疾患や血中中性脂肪酸の低減、
関節リウマチ症状の緩和などが挙げられます。

そして、DHAとEPAは、魚に含まれる成分となるのですが、
魚の種類によって、それぞれの含有量は異なっています。

具体的には、DHAを多く含む魚は、マグロ・カツオ・サンマ・
サバなどであり、EPAを多く含む魚は、イワシなどです。

DHAやEPAのほかにも、魚には良質なたんぱく質や
カルシウムなどが含まれていますので、
肉食中心の食事を摂るよりも、魚中心の食事を
摂ることをおすすめします。

また、魚食が不十分な方には、DHAやEPAを手軽に
摂取することができるサプリメントをおすすめします。

厚生労働省では、
1日に1g以上のDHAとEPAの摂取を推奨しています。

これらは身体には必要な栄養素となりますので、
1度に大量に摂取するという摂り方ではなく、
毎日きちんと1gを摂取する摂り方をおすすめします。

サプリメントではなく、
魚で摂る場合の目安量については、生食でマグロの
トロで2〜5切れ、ハマチで3〜5切れが目安となります。

特に魚は、刺身などの生食の方が、
DHAやEPAを効率よく摂取することができます。

焼き魚などの場合には、
油分が外に逃げ出してしまいますので、
調理法を工夫する必要があります。

DHA EPAサプリはこちら